Palabra(パラブラ)について

palabra

社名であるPalabra(パラブラ)はスペイン語で「言葉」を意味します。
人と人、人とものを繋げる一助になれればという想いでつけた名前です。

私たちの未来が、だれもが生きやすく、多くの人にとってより豊かな社会であることを願いながら、

映画・映像を中心としたコンテンツの、バリアフリー/ユニバーサルデザイン化のサービスを行なう会社です。

より多くのお客様から選ばれる映画・映像に

Palabra株式会社

例えば日本映画に英語字幕をつけることで、その映画は世界中の人とつながることができます。

同じように、映画にバリアフリー字幕や音声ガイドをつけることで、聴覚障害者、視覚障害者もその映画の世界とつながることができるようになります。

私たちは、字幕や音声ガイドによる映画・映像のバリアフリー化により、対象となるお客様の幅を広げ、“より多くのお客様から選ばれる映画”にしていきます。

私たちの考えるバリアフリー字幕や音声ガイド

Palabra株式会社

これまで数多くの映画・映像に対してバリアフリー字幕や音声ガイドの制作をしてきました。

私たちが重視していることは、映画製作者の意図、そして観賞者である視聴覚障害者の受け取り方、双方の立場をより理解したうえで字幕や音声ガイドの制作をすることで、その映画にとっての可能性を最大限に広げられると信じています。

また視聴覚障害者のための情報保障を超えて、作品にとっての「新しい表現の場」としても可能性が広がっています。

視聴覚障害者に限らず、高齢者や子ども、もちろん健聴者や晴眼者にとっても、新しい映画の楽しみ方のひとつとして確立していくことで、本当の意味で映像のバリアフリー化を実現していきたいと思っています。

バリアフリー映画を観賞するための便利なツール

「UDCast」アプリを使うことで、より多くの人が一緒に映画を楽しめる環境を作ることができます。

今までは限られた場所や時間でしか楽しめなかったバリアフリー字幕や音声ガイドですが、バリアフリー字幕はメガネ型端末に表示し、音声ガイドは個人の携帯端末から提供することで、一般のお客様と同じように自由に場所や時間を選んで鑑賞することができるようになります。

また、今後は映画映像以外(美術館、博物館、水族館等)での活用も進めていきます。
展示物の情報保障はもちろんのこと、防災対策のためのツールとしても期待ができますので、お客様のニーズに合わせたご利用形態を提供していきたいと思います。

お客様と密にコミュニケーションをとりながら、ひとつひとつの作品や施設に対して丁寧な仕事を心がけていきます。
社員一同、バリアフリー社会の広がりとともに日々前進していきたいと思いますので、今後とも皆様のご指導、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

Palabra株式会社
代表取締役 山上 庄子