明日をへぐる ドキュメンタリー映画 監督 今井友樹 シグロ作品

Column

コラム

ナレーションについて

本作のナレーションは、俳優の原田美枝子さんです。
原田さんは、作中に出てくる本作と同じ高知県吾北地区を舞台にした映画『絵の中のぼくの村』できびしくも優しい双子のお母さんを演じられています。その優しく芯の強い語り口で、観客を「楮」のある生活に心地よく誘う素晴らしいナレーションです。

さて、バリアフリー版にはもうひとつ重要なナレーションがあります。それは音声ガイドです。どのような声の音声ガイドが作品に寄り添えるのだろう、と考え、もとフジテレビアナウンサーの笠井信輔さんに担当いただきました。
映画がお好きで有名な笠井さんにとって音声ガイドのナレーションは初めての体験とのことで、収録の様子や思いをブログでも紹介してくださいました。

https://ameblo.jp/shinsuke-kasai/entry-12681810371.html

本編のナレーションは女優の原田美枝子さん
とても温かな語りでした ですから音声ガイドの私が感情込めて頑張ってしまうと、
原田さんのナレーションの邪魔になってしまうんですね

私の仕事はあくまでもガイド 
やりながら、そのことに気づかされました

笠井TIMES「映画の音声ガイドを担当」

親しみやすくやわらかい語り口で、とても聞きやすい音声ガイドです。無料アプリでどなたでも聞くことができますので、ぜひ劇場で利用してみて下さい。

そして、本作は予告編にも音声ガイドがついています。

こちらは、「みみよみ」所属の全盲のナレーター北村直也さんにお願いしました。

音を聞いて、そのあとに繋げるようにナレーションを載せていったのですが、目の見えるナレーターだと、つい映像に引っ張られてしまい、ワンテンポナレーションを載せるのが遅くなってしまうそうです。

しかし、北村は映像に頼らず耳で音を聞き、合わせていくので、テンポの取り方が抜群だとの評価をいただきました。とても嬉しかったです。

ぜひ本作の3種類のナレーションにも注目してみてください。

コラムトップへ

Menu
© 2021 SIGLO / Palabra