第27回東京国際映画祭 共催企画「舞妓はレディ」特別上映にてUDCast導入

お知らせ

当社と協業させていただいているNPO法人メディア・アクセス・サポートセンターが2014年10月の東京国際映画祭で行った「第27回東京国際映画祭 共催企画」にて「UDCast」を導入しました。

今回で4回目を迎えるこの映画のバリアフリー上映のための取り組みで、昨年は「武士の献立」(松竹)にてiPodTouchを使った日本語字幕と音声ガイドの配信を行いました。今回は、眼鏡型のウェアラブル端末(EPSON「MOVERIO」、オリンパス「MEG」)を使って、ウェアラブル端末上にに日本語と英語の字幕を表示する試みを行い、参加者の皆さまにご好評をいただきました。
■第27回東京国際映画祭 共催企画
http://npo-masc.org/20140930/

 

■関連記事
http://news.livedoor.com/article/detail/9396131/

映画鑑賞におけるバリアフリーの未来とは?周防正行監督が「お客さんを選ばない映画」の実現に意欲