Magazine メールマガジン

パラブラメールマガジンを不定期で配信中です!
UDCast対応作品やパラブラ制作した字幕・音声ガイド付き上映情報、制作者からの映画のオススメコメントなどをお届けしています。
登録・登録解除・アドレス変更は以下のフォームから受け付けております。サンプルはこちらから。ぜひご登録お待ちしております!

※ ご注意
携帯キャリアメールでご登録されている方に、メルマガが届かない現象が発生しています。
パソコンからのメールまたは「news@palabra-i.co.jp」からのメール
を受信できるアドレスを設定ください。

メールマガジン登録フォーム

フォームでの登録が難しい場合は、件名を「メルマガ登録希望」とし、
「 お名前」「 メールアドレス」「 関心がある情報(字幕情報・音声ガイド情報・UDCast情報・その他)」を添えて
info★palabra-i.co.jp(★部分を@に直してお送りください。)まで必要事項をお送りください。
*マークがついている箇所は必須です。

    お名前 *
    メールアドレス *
    メルマガへのご希望 *
    登録希望登録解除登録アドレス変更
    関心がある情報(複数回答可能)
    音声ガイド情報字幕情報UDCast情報その他 (備考欄に今後送ってほしい情報をお書きください。参考にさせて頂きます。)
    備考欄 *アドレス変更の場合はこちらにご記入ください。

    ▼△ パラブラメールマガジン vol.118▼△ 2022年2月11日号
    このメールマガジンは、パラブラが提供する「UDCast」に関する情報やパラブラが関わっている字幕や音声ガイドなどのバリアフリー情報をお届けしています。

    ●本日のお届け情報!
    1)アカデミー賞ノミネート!濱口竜介監督『偶然と想像』公開&配信中!
    2)映画『親密な他人』バリアフリー上映決定!
    3)現在公開中の作品情報
    4)これから公開の作品情報
    5)シアター・フォー・オールのご案内
    6)いよいよ今週末!「障害者の文化芸術フェスティバル・イン近畿ブロック」
    7)2月16日予約受付開始!『ガメラ 大怪獣空中決戦』無料バリアフリー上映
    8)『明日をへぐる』受賞情報&バリアフリー上映のお知らせ
    9)UDCastをご紹介いただきました!

    ―――――――――――――――
    1)アカデミー賞ノミネート!濱口竜介監督『偶然と想像』公開&配信中!
    ―――――――――――――――
    第94回アカデミー賞で、邦画史上初の作品賞、脚色賞、監督賞、国際長編映画賞の計4部門にノミネートされた映画『ドライブ・マイ・カー』。2月18日にはDVD&Blu-rayが発売、字幕と音声ガイドも収録されています。再上映も広がっており東京都イオンシネマシアタス調布では字幕メガネのお貸出しもあります。完売の回もありますので、ご注意ください。ご予約はこちら。
    https://www.aeoncinema.com/cinema/chofu/vcmsFolder_724/vcms_724.html
    本作はパラブラでバリアフリー版を制作しており、公開時に濱口竜介監督から大変しびれるコメントもいただきました。https://udcast.net/workslist/dmc/
    「今後も可能な限り自作のバリアフリー版をつくりたいという気持ちを強くしています。」としめくくった濱口監督の今後がとても楽しみです!

    さらに、第71回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)受賞した濱口監督の最新作『偶然と想像』も、パラブラが字幕と音声ガイドを制作しました。拡大全国公開中&バーチャル・シアター「Reel」でも、音声ガイド版、日本語字幕版が2月28日まで公開されています。特に日本語字幕版は多くの方に便利に楽しんでいただけているようで、下記の監督インタビューで字幕についてもお話しいただいています。https://kobe-eiga.net/special/581/
    この機会にお見逃しなく!
    劇場一覧 https://guzen-sozo.incline.life/#theater
    バーチャル・シアター「Reel」音声ガイド版https://reel.lumiere.theater/plays/dd7e3f01cb7a903c06897f168d9908bbd37059fc
    バーチャル・シアター「Reel」日本語字幕版https://reel.lumiere.theater/plays/49cc7a51cd037a6e8f99822a593a30f6f0c99c60

    ―――――――――――――――
    2)映画『親密な他人』バリアフリー上映決定!
    ―――――――――――――――
    ドキュメンタリー映画『ナオトひとりっきり』『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』など、独特の視線で現代社会の影を見つめ、国内外映画祭でも高い評価を受ける中村真夕監督が、初のサスペンス映画に挑戦した話題作『親密な他人』が3月5日(金)に渋谷ユーロスペースで公開されます。字幕と音声ガイドをパラブラで制作、公開日からアプリ「UDCast」に対応します。
    上映劇場のユーロスペースでは、日本語字幕付き上映が毎日1回実施されます。字幕付き上映は朝の回、などと固定されてしまうことが多いので、今回はご都合の良いタイミングを選べるよう、今週は午前の回、来週は夜の回、などと上映時間を週ごとに変更される予定です!上映時間が決まり次第、こちらでもお知らせします。字幕付き上映以外の上映回でも、アプリ「UDCast」に対応した日本語字幕用タブレット端末の、劇場受付にてお貸出しを予定しています。舞台『美談殺人』の際に好評をいただいた、暗転中も気にならない画面が暗いFireタブレットをパラブラからお貸出しする予定です。ぜひこの機会にお楽しみください。
    もちろん音声ガイドも、いつどの回でもお楽しみいただけます。4月には横浜のシネマ・ジャック&ベティでのバリアフリー対応の上映も予定されています!お楽しみに!

    ―――――――――――――――
    3)現在公開中の作品情報
    ―――――――――――――――
    *UDCast字幕・音声ガイド対応作品

    音声ガイドをパラブラで制作しました。
    『名付けようのない踊り』
    https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=unnameabledance
    世界的ダンサー田中泯の踊りと、世界を巡る旅に出る――
    音声ガイドは、『風の谷のナウシカ』のナウシカ役や、『ルパン三世~ カリオストロの城』のクラリス役の声優、島本須美さん。作品情報ページで犬童監督のコメントも公開中!
    https://udcast.net/workslist/unnameable-dance/

    字幕をパラブラで制作しました。
    『香川1区』
    https://www.kagawa1ku.com/theater
    大ヒット作『なぜ君は総理大臣になれないのか』公開から1年半。待望の続編、緊急公開中! 2月17日まで上映の「シネマ ジャック&ベティ」では字幕ガイド用メガネの貸出があります。3月にはシネマ・チュプキ・タバタでのバリアフリー上映も予定されています。

    *アプリ「HELLO! MOVIE」対応作品

    音声ガイドをパラブラで制作しました。
    『嘘喰い』
    https://wwws.warnerbros.co.jp/usogui-movie/theater/
    「あんた、嘘つきだね」
    嘘を見破れなければ、即死。史上最恐の騙し合いデスゲーム、開宴
    天才ギャンブラー“嘘喰い”こと斑目貘(まだらめ・ばく)が、日本の政財界そして裏社会をも支配する会員制の闇ギャンブル倶楽部“賭郎(かけろう)”に挑む。

    音声ガイドをパラブラで制作しました。
    『ノイズ』
    https://wwws.warnerbros.co.jp/noisemoviejp/theater.html
    殺した。埋めた。バレたら終わり。一滴のノイズが殺し合いに発展!?
    絶海の孤島に突然現れた不気味な男に家族を狙われた泉圭太(藤原竜也)は、親友の田辺純(松山ケンイチ)、新米警察官の守屋真一郎(神木隆之介)と共に、誤ってその男を殺してしまう。

    音声ガイドをパラブラで制作しました。
    『大怪獣のあとしまつ』
    https://toei-screeninginfo.azurewebsites.net/theaterlist/02475
    松竹と東映が創立以来、初タッグを組み、共同幹事・配給作品として送る本作。
    「この死体、どうする?」 誰もが知る“巨大怪獣”の、誰も知らない“死んだ後”の物語。 ある男の“極秘ミッション”を巡る空想特撮エンターテイメントが、動き出すー。

    そのほかにも、「UDCast」対応作品は、『帆花』『偶然と想像』、「HELLO! MOVIE」対応作品は『劇場版 呪術廻戦 0』『梅切らぬバカ』『コンフィデンスマンJP英雄編』などが上映中!

    ―――――――――――――――
    4)これから公開の作品情報
    ―――――――――――――――
    *アプリ「UDCast」対応作品
    字幕・音声ガイドをパラブラで制作しました。
    3月5日公開『親密な他人』
    http://www.cine.co.jp/shinmitunatanin/theater.html
    この愛は、聖か毒か。
    行方不明になった最愛の息子・心平の帰りを待つシングルマザーの恵。
    ある日、彼女の前に息子の消息を知っていると言う20歳の謎の青年・雄二から電話が入る怪訝に思いながらも、やがて二人は親子のような、恋人のような不思議な関係になっていく。しかし雄二には隠された目的が、また恵には誰にも言えない秘密があった。

    *アプリ「HELLO! MOVIE」対応作品
    音声ガイドをパラブラで制作しました。
    2月18日公開『愛国女子-紅武士道(くれないぶしどう)』
    https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=aikoku
    遥か悠久の歴史の中で、奇跡的ともいえる伝統や文化を育んできた日本。この国の未来を守っていくために必要なものは何か。そして、私たち日本人が進むべき正しき道とは?
    どこまでも正義を貫きながら愛する祖国を守り抜くために立ち上がった勇者たちが、日本に新たな希望と勇気をもたらす──。

    東京都北区にあるシネマ・チュプキ・タバタではいつでも字幕・音声ガイド付きで映画が楽しめます。(水曜定休) https://chupki.jpn.org/
    パラブラの字幕や音声ガイドを制作した作品が上映されます。『帆花(字幕・音声ガイド)』『MIANAMATA(字幕・音声ガイド)』『梅切らぬバカ(音声ガイド)』に加え、2月20日からは新藤兼人賞で金賞を受賞した『海辺の彼女たち』も上映予定です。
    お楽しみに!

    ―――――――――――――――
    5)シアター・フォー・オールのご案内
    ―――――――――――――――
    『THEATRE for ALL(シアター・フォー・オール)』はアクセシビリティに特化したオンライン劇場です。パラブラがバリアフリー制作を担当したおすすめ作品をご紹介します!定額制の会員登録をすれば、見放題の作品も!レンタル料金・視聴期間は作品によって異なります。

    『娘(Daughter)』
    https://theatreforall.net/movie/daughter/
    父と娘の複雑な心情をコマ撮りアニメの手法で描く繊細なアニメーション作品です。
    病室の父に寄り添う娘に子どもの頃の記憶がよみがえる。それは、死んだ小鳥を見つけたある日のこと。
    父は悲しむ娘を抱きしめてやれず、それ以来、誤解が二人を隔てる壁となっていた。
    病室の窓に小鳥がぶつかってくる、その瞬間までは―。
    レンタル500円、15分の短編です。

    2月28日まで配信!映画『絵の中のぼくの村』
    https://theatreforall.net/movie/villageofdreams/
    1996年度第46回のベルリン国際映画祭にて銀熊賞を受賞。日本映画としては9年ぶりの受賞となった。感受性豊かな少年期を独創的な視点で描き“静かなユーモアと深い叡智”を湛えた作品として高く評価された。
    レンタル1000円、112分の劇映画です。

    そのほか、ドキュメンタリー映画『太陽の塔』、『描きたい、が止まらない』、『四万十 いのちの仕舞い』、劇映画『カランコエの花』などなど配信中!ぜひお楽しみください。

    ―――――――――――――――
    6)いよいよ今週末!「障害者の文化芸術フェスティバル・イン近畿ブロック」
    ―――――――――――――――
    2020年から2022年にかけて、全国7カ所で開催された「日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル」はいよいよ近畿ブロック&グランドフィナーレを迎えます。
    新型コロナウイルス感染症拡大を受けて開催内容の変更や、入場上限人数の設定などがあります。最新の情報をよくご確認の上、ご参加ください。https://artbrut-creation-nippon.jp/2022shiga/

    2月11日から3月21日まで滋賀県近江八幡市で展覧会「アール・ブリュット ‐日本人と自然-BEYOND」を開催します。
    2月12日(土)は『絵の中のぼくの村』『ブランカとギター弾き』『明日をへぐる』『オキナワへいこう』の4本の映画を無料で鑑賞できる上映会を近江八幡市文化会館で行います。すべてバリアフリー字幕つき、音声ガイドはUDCastに対応します。
    2月20日(日)は、瑞宝太鼓・ジェネシスオブエンターテイメント(車いすダンス)・湖南ダンスカンパニーの舞台芸術公演を無料ライブ配信します。
    配信アドレス https://archive.artbrut-creation-nippon.jp/stage/shiga/
    また、同時開催の糸賀一雄記念賞第二十回音楽祭も無観客ライブ配信となります。第7回糸賀一雄記念未来賞を受賞したパラブラ代表の山上庄子も登壇予定です。ぜひチェックしてみてください。
    詳細はこちら http://stage.art-brut.jp/2022/02/post-492a.html

    ―――――――――――――――
    7)2月16日予約受付開始!『ガメラ 大怪獣空中決戦』無料バリアフリー上映
    ―――――――――――――――
    国立映画アーカイブでは1990年代日本映画の企画上映を開催中です。そのなかで、3月5日(土)13時の回『ガメラ 大怪獣空中決戦』は、バリアフリー上映となります。ご予約受付開始がいよいよ2月16日に迫りました。
    「平成ガメラ」3部作の第1作、金子修介監督と特技監督を務めた『シン・ゴジラ』の樋口真嗣監督が「怪獣映画の王道」を目指した記念碑的作品が初のバリアフリー化!遥かな時を超え、現代に蘇った超危険生物・ギャオスを追って、永い眠りから目覚めたガメラが日本上陸。二大怪獣が街中でくりひろげる熾烈な戦いに巻き込まれる人々。怪獣映画の魅力がつまった作品です。
    パラブラで音声ガイドを制作しました。音声ガイドはFM配信し、ラジオ貸出もいたします。また、日本語字幕はスクリーン投影し、映画の音声を増幅するヒアリングループシステム座席をご用意しています。障害者(付添者は原則1名まで)は無料。字幕でご覧になる方やラジオとイヤホンを持参される方も、お席の予約をお勧めしますので、メールまたはFAXでご予約ください。

    予約方法
    申込期間:2月16日(水)から3月1日(火) *定員に達し次第、締め切ります。
    申込先:assist@nfaj.go.jp FAX: 03-3561-0830
    件名:字幕/ヒアリングループ/音声ガイド(いずれかをご記入ください)
    記入事項:
    ①来場者全員のお名前(付添者は人数だけでも可)
    ②希望席数/ラジオ希望台数
    ③返信用連絡先(当日も連絡がとれる電話またはメールアドレス)
    詳細はこちら
    https://www.nfaj.go.jp/exhibition/japanese1990s202201/#section1-5

    ―――――――――――――――
    8)『明日をへぐる』受賞情報&バリアフリー上映のお知らせ
    ―――――――――――――――
    パラブラが配給した今井友樹監督『明日をへぐる』が「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」文化映画ベスト・テン部門にて6位入賞しました!
    https://www.kinejun.com/2022/02/10/post-9049/
    その他UDCast対応中の「くじらびと」(字幕)、「終わりの見えない闘い-新型コロナウイルス感染症と保健所-」(字幕・音声ガイド)、「緑の牢獄」(字幕・音声ガイド)や、パラブラで制作した「ドライブ・マイ・カー」(字幕・音声ガイド)、「偶然と想像」(字幕・音声ガイド)など、その他多数の字幕・音声ガイド制作作品が各部門で入賞いたしました。おめでとうございます!『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』は全国の書店にて発売中です。

    また、『明日をへぐる』は「第十四回予告篇ZEN映画祭」 の映画チラシ大賞にて審査員特別賞の遊映坐賞(ゆうえいざしょう)を受賞しました!
    https://www.trailerfes.jp/flyter.html
    映画チラシの印象的なイラストは『絵の中のぼくの村』の原作でもおなじみ絵本作家の田島征三さんによるもの。大きな甑(こしき)が色鮮やかな泥絵の具で描かれています。このポスター画を音声ガイドした内容は下記のコラムに載っています。ぜひチェックしてみてください。https://palabra-i.co.jp/asuwoheguru/article/article-1244/

    さらに、オンラインで開催される国際有機農業映画祭で『明日をへぐる』が上映されます。本作のみ、字幕付き、音声ガイド版と、通常版の2種類が選択できます。チケットの購入は2月16日まで。視聴期間は18日から23日までとなります。購入画面で一部ボイスオーバーに対応していない部分がありますので、視覚障害の方で購入を希望される方はメール event@ palabra-i.co.jpまたは電話 03-5937-2231(平日10時から19時)までご相談ください。この機会にぜひご自宅でお楽しみください!
    公式サイト http://www.yuki-eiga.com/

    ―――――――――――――――
    9)UDCastをご紹介いただきました!
    ―――――――――――――――
    最後に、最近UDCastをご紹介いただいた記事やイベントをご紹介します。

    【視覚障害者】全盲の私が感じるスマホのメリットと役立つiPhoneアプリ3選!
    https://welserch.com/disability/visually_impaired/sp-appli
    「映画を音声ガイド付きで楽しませてくれるアプリ」という嬉しいキャッチコピーでUDCastをご紹介いただいています。とても親しみやすい語り口で、視覚障害の方がスマホをどうやって使うの?という入門編としてもおすすめできる内容です。

    見えない人と、聞こえない人と、車椅子ユーザーと。それぞれが考えるアクセシビリティ。伊敷政英×乙武洋匡×廣川麻子 三者鼎談-1
    https://truecolorsfestival.com/jp/voice/ototake-ishiki-hirokawa/?fbclid=IwAR3jN-yQXrLmnY4E5HIICZ282Dfv0xrNnW6WbUG8GeS30dXB5ef-eCupRTg
    スマートフォン・タブレット端末の登場が視覚障害者にもたらしたものというテーマの中でUDCastをご紹介いただいています。たっぷり2回に分かれた記事ですが、和やかな対談で、とても読みやすい内容です。

    奈良県聴覚障害者支援センターの主催する福祉機器展示会が2月19日に奈良県社会福祉総合センター5階で開催されます。字幕メガネが体験できるそうでUDCastの案内も配架いただく予定です。お近くの方はぜひチェックしてみてください。
    https://nds-center.nara.jp/2022/01/26/post-1506/

    次回のメルマガもお楽しみに!

    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

    発行日 2022年2月11日
    発行元 Palabra株式会社

    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

    Loading...